Skip to content
2017年3月15日 / straymoonjp

好きなもの X 好きなもの = ?

大学時代にホームステイをして、さまざまなアメリカのお菓子に触れる機会がありました。そして、今でもやめられないのが、オレオです。

それも、ここ数年は、中のクリームが2倍入っているダブルスタッフオレオ。スーパーでセールになっていると必ずゲットします。

そして、もう一つは、イースター名物のピープス。

ひよこの形をしたマシュマロにどぎつい色の砂糖をまぶした、栄養価ゼロの甘いだけのお菓子ですが、季節ものということもあり、毎年必ず食べます。

先日、近所のフードランドで季節限定のピープスオレオを発見!

大好きなオレオとピープスが一緒になって、1袋で2倍楽しめる感たっぷりです。

外側はゴールデンオレオ、中はピンクのピープス。さぞかし美味しくて堪能できるかと思いきや、それほどでもなく、「この2つを一緒に食べることに何の意義と美味しさがあるんだろうか」とまで考えてしまいました。もともと私は、バニラクッキーのゴールデンオレオではなく、少しカカオの苦味のあるチョコレートクッキーのオレオが好きなんだと思い出し、さすがに甘党の私も1回に2個が限度でした。いくら好きなものでも、相性がよくなければダメなんですね。あれもこれもと欲張るのはいけません。

今回、オレオの棚をじっくり見てみると、いろんなバリエーションがあってびっくりしました。

ミント味のクリーム、バニラクッキーのゴールデンオレオ、チョコクリームと普通のクリームが入ったトリプルダブルオレオ、低脂肪オレオ、レッドベルベット味オレオ、シナモン味オレオ、クッキーが薄いオレオ、一口サイズのオレオ。なんでも、59種類の製品があるそうです。

アメリカではナビスコが作っているオレオですが、オレオ単独のウェブサイトもあり、人気がうかがえます。

そう言えば、昨年ニューヨークに行った時に、オレオ発祥の地、マンハッタンのチェルシー地区にあるチェルシーマーケットを訪れました。1912年にオレオはこの建物の中で生まれましたが、今はすっかり改造されて、ショップやレストランが立ち並ぶおしゃれな場所でした。

オレオ英語サイト | オレオ日本語サイト

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。